掴む
夕暮れのマンション

最近の調査によって、全国的に空き家が増加しているという統計が出ています。
これは少子化によって、家を継ぐ者が少なくなっているというのが原因の一つとされています。
空き家と同時に所有者不明の土地も全国にはかなりあるといわれています。
このように不動産の状況が、かつてとはかなり様変わりしているのです。
また首都圏では一時のマンション建設ラッシュによって、供給過剰気味になっています。
経済格差の拡大によってマンションの購買層も二極化しており、高級な物件ほど人気があります。
また一方では低価格な中古物件を購入する人もかなり増えているのです。
今後はこの二極化がさらに進んでいくと思われます。
このような状況にあって、2020年に東京でオリンピックが開催されるという好材料が不動産業界を活気づけているいます。
もし現在お住まいのマンションの売却を考えている人は、業界の動向を見極めてから動いた方が有利な取り引きができる可能性があります。

スケジュール

今住んでいるマンションを売却する場合、最も気を付けたいのは不動産業者の選び方です。
業者にも得意な分野と不得意な分野があります。
新築物件の販売が得意な業者、賃貸物件が得意な業者など、それぞれに特徴があります。
中古物件の売買が不得手な業者に委託してしまうと、なかなか買い手がつかないといった事態に陥ってしまいます。
そうならないためには、中古物件の売買実績が多い業者を選んで委託する必要があります。
また売却する時には、新居への移転がスムーズに行えるように事前にスケジュールを組んでおく必要があります。
売却がスムーズにいったのに、転居先の条件がまだ整っていなかったりするケースはかなりあります。
特に注意したいのは新築一戸建てへ転居する場合です。
家が完成していないのに住んでいる部屋を出るハメになるケースもありますので、事前に完成時期、転居時期、明け渡し時期をスケジュールに組んでおく必要があります。
そしてそのスケジュールに沿って不動産業者に販売を進めてもらうのです。

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031